チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

またムカデにかまれました

昨夜から雨、久しぶりの雨に、あじさいもほっとしています 我が家には、家内が植えたアジサイが何種類かあります 

夏になったらムカデが出てくることを、すっかり忘れていました 台の上に並べていた手袋の中に、ムカデが入っていて、親指をかまれました 以前、長靴の中に入っていたのを、すっかり忘れていました

幸い、前回ムカデにかまれたときに、吸いだし器を玄関に備えていたので、すぐ吸出しました 夜カットバンをはずすと、翌朝、少しはれましたが、またカットバンでしめたら、おさまりました

田舎暮らしには、へび、むかで、げじげじ、だに、すずめばちなど、害虫にいつも気を配っておかなくてはいけません

 

ビワの木の頭を切りました

昨日は、とても蒸し暑い一日でした

夏の花が見られるようになりました

びわの実が終わり、新芽が伸び始めています びわの木は、真ん中の枝が強く伸びようとするので、ほっておくと、どんどん高くなり、からすだけのビワになってしまいます

枝を横にひっぱって、広げて育てるのが一般的ですが、管理が大変です

頭を何回か切っておけば、やがて、横に広がった形になります 常緑なので、下草も生えなくて、助かります

10年、20年後にこのびわの木の実を楽しんでくれる人が、いるかな

 

 

ナンテン切り

梅雨前に、つまっているトイの泥をのけました

長い竹の先にのこがま(小スコップでもよかった)をつけて、どろを落としました、晴れが続いたので、よく乾いて塊になっていて、すぐ落ちました 屋根には、はしごをつけているので、便利で、このはしごは、固定しておこうと思いました

シリコンつけもしなければいけませんが、一番雨漏りしやすい場所なので、丁寧にしています

玄関前に、マツ、サザンカ、モミジ、ナンテンを植えていますが、ナンテンはどんどん広がるので、ばっさり切りました 広がる植物は、よく考えて植えなくてはいけません

いつものように、除草剤を付けて枯らしますが、垂れ流すと、まわりの木が枯れるので、注意が必要です 強い木もありますが、ほとんど枯れます 

 

自作本92頁から97頁、万治制法の原稿ができました

ぶどうの観察をして、びっくり、もうフタテンヒメヨコバイが大量発生していました

さっそく消毒 年に3~4回発生を繰り返しますが、実が熟れるころには、もう消毒できません

今自作本「古文書テキスト」の原稿を作成中です 97頁までできました 内容は、毛利藩の重要法律で、正月11日に、城内のものが一堂に会して朗誦したというものです

 

畑庭コンクリ道が完成しました

今日もよい天気です 三隅バイパスのわきの田んぼには、水がなく、苗が枯れそうです まだ、水不足のニュースが出ていませんが、ここだけなんでしょうか

すいかの2つめがとまりました 育ちが悪いので、水をやらなくては

畑にヤマモモを植えています このヤマモモの実はとても大きいですが、山のそばなので、コバチがたまごを産むので、食べられません かずらが巻き付いて、困るだけになってしまいました

実もとらないので、高くすることにしました

畑庭へのコンクリ道が、ついに完成しました これで、家の周りは完璧です 数か月空き家になっても、草木で埋もれることはありません

ちなみに、家の前は、コンクリで広々としているので、全く安心です

畑庭の植物園づくりに、のんびりと取り組みます 次に残っている終活は、屋根のシリコンつけです

 

田に除草剤を追加しました

クリの花が咲いています 自然のクリは、長門ではまだあちこちに自生しています

実は、小さいです

今年は雑草をよくおさえたと思っていましたが、いもば(こなぎ)は、しぶといです 毎年あとから、ごっそり出てきます 除草剤を追加しました

1反ある田が、もったいないことに、耕作放棄地になりつつあります コンバインを買えば、作ることができます でも、作った場合、収穫してもらった方が賢いです

この田を、上手に安く管理する方法を考えなくては

ソーラーパネルを付けるには、農業委員会の許可が必要で、農地でなくなるために税金がいっきにあがります 個人でこんなことをするのは、冒険です

畔草を刈っていると、かめに出会いました このかめ、がけになっているのに、引き返さないで、川に落ちていきました 躊躇していなかったので、ふつうにやっているようです へびも同じく、いつも川に落ちていきます