チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

地区薬師堂の木像を移動することに

今日は、自治会の川草刈りをしました とにかく暑かったです

この夏が心配です

江戸時代は、村の行事などによく使われていた(古文書による)薬師堂も、昭和時代にかやぶきから瓦屋根に建て替えられ、多分それっきりで、屋根も崩れ始めてきました

中の薬師如来などを、公会堂に移動することになりました

薬師堂の中に、記録でも残っていれば、村人にどのように利用されていたかわかるでしょうが、残念ながら、想像するだけです

 

畑庭にコンクリ道つくり

暑い日が続きますが、庭の木が陰をつくって、コンクリの熱を弱めてくれます 

昔からある小さいグミが、熟れてきましたが、はしからヒヨドリがつついています 昔は、鳥に食べられることはなかったのに

マリリスの草取りも、間に合いません

今は、畑庭の改造に必死です 一日中ここで過ごしています 業者に頼めば、10万円はかかるでしょう 

 

 

畑庭に道を作りました

ホタルブクロが咲きました 

ビワが熟れ始めましたが、できがよくありません

イチジクは、いまのところ勢いよく育っています 今年は、枝をすっきりしたので、りっぱな実がなりそうです

畑庭の改造をしています ねこぐるまが通りやすいように、道をつくりました 

本当は、畑庭の改造は楽しいはずなのに、終活の気持ちがあるせいか、複雑な気持ちです

先日の「なぜそこ」の峠の花畑づくりをしている人には、敬服します

 

自作本91頁、村田清風の給与のこと

今日は少し曇りました 梅雨が近づいているという感じでしょうか

県内の小学生は、それぞれ地域の偉人について勉強しています 三隅では、もちろん清風先生です

自作本に、清風先生、明倫館学頭などの給与支給帳面のことを入れました

防長回天史の中に、天保13年、毛利敬親が帰城にあたり、清風に防戦についてたずねたことが書かれていました 外国船が次々来る中で、敬親も緊迫感をもって対策を練っていたのでしょう 敬親は帰るとすぐ、清風に指示し大演習を行いました

 

エビネを鉢に植え替えました

山にうすむらさきのかたまりができています

センダンの木がたくさんあるようです

川の水が減って来たので、水路を掃除しました

トラジスカンティアも、いつのまにか日本の植物になってしまいました 昔は冬は枯れて越冬できませんでした

畑庭の大改造を進めています 通路を広げるために、エビネののけました だれかにあげようと思います

 

巨峰にジベレリン処理をしました

ヤマボウシが咲き始めました これからもっと大きくなって、村の遠くからでも見えるようになるかも

イカが変になったのか、3つ花がありました

巨峰の花が咲いたので、ジベレリンをつけました

ほかのブドウには、今年からジベレリンをつけません 摘果だけですませます

 

スイカがカメムシの被害に

夏が続きます 南では大雨とか

季節がどんどん進みます

田に除草剤をまきました 無農薬の元気がありません ついでに、墓地と畑の畔に除草剤をまきました

イカの成長を確かめに行って、がっくり 前より多くのノコギリカメムシが、根元に食いついていました

のんびりと田舎ぐらしをする予定だったのに、今現在は、終活対応で、余裕がありません