チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

シダレモモの苗をポット植え

シダレモモを食べたあと、種(核)をプランタに入れて置いたら、芽がでました

葉が落ちたので、ポットに植えることにしました

f:id:chuumeikun:20181211083848j:plain

苗の先が、曲がっています 早くも、シダレモモの特徴をだしています 鉢の底穴には、つばきの葉をしきます

f:id:chuumeikun:20181211084040j:plain

土は、赤玉に、畑斜面の土を混ぜました

f:id:chuumeikun:20181211084101j:plain

よく根がはっています

f:id:chuumeikun:20181211084121j:plain

f:id:chuumeikun:20181211084140j:plain

コムラサキシキブは、プランタに移しておきました シダレモモが、何年後に花が咲くか、楽しみです もも、くり、3年といくでしょうか

屏風の中の古文書のこと2の補足

土曜日、長門地方にも雪が降りました

f:id:chuumeikun:20181210004259j:plain

中山間で、いのししよけ柵を取り付けました 寒かったです

昨日の屏風の古文書のことを、長門図書館で調べました 村田峯次郎さんの本と、少し違っていました

f:id:chuumeikun:20181210004545j:plain

f:id:chuumeikun:20181210004602j:plain

f:id:chuumeikun:20181210004634j:plain

f:id:chuumeikun:20181210004656j:plain

屏風の条文は、後半の半分がありました 前半が、屏風の絵の方にあるか、楽しみです

屏風の中の古文書のこと2

ねずみがかじった屏風の中を、取り出しています 今回は、またまた、めずらしいものがみつかりました

f:id:chuumeikun:20181209031132j:plain

毛利藩の条例、万治の法の下書きのようです 一部分ですが

f:id:chuumeikun:20181209031324j:plain

ときの藩主は、2代、綱広さんでした

f:id:chuumeikun:20181209031419j:plain

藩の体制を整えるために、条例を整備したようです

f:id:chuumeikun:20181209031507j:plain

5人の名前は、5家老でしょう 正式条例と、並びがちがっているようです

f:id:chuumeikun:20181209031528j:plain

正月11日という文字があります 書き加えた文字があります この文書は、下書きだと思われます 一体、どこで、だれが推敲したのでしょうか

f:id:chuumeikun:20181209031550j:plain

正徳、享保改元文書といっしょにあったので、京都所司代あたりか、関係者ではないかと、大胆な想像をしてみました 

忠蔵さんの日記が、おろそかになっています

階段の補修

f:id:chuumeikun:20181207155910j:plain

寒波がやってきましたが、まだ、雪はみられません 冷たい一日でした

f:id:chuumeikun:20181207160006j:plain

蔵の階段が、斜めになっているので、やっと、補修することにしました

f:id:chuumeikun:20181207160137j:plain

厚めの板を、斜めに半分にしました

f:id:chuumeikun:20181207160156j:plain

鋸で、切りますが、反対側が、ずれていきます 反対側に、溝をつけると、うまいこといきました

f:id:chuumeikun:20181207160220j:plain

すきまにシリコンをつけて、とりあえず完成 階段が斜めになっているのは、設計ミスではなく、正面にあった入口をふさいで、横に入口をつけかえたからです 多分

長州藩、忠蔵さんの農民日記58、頼母子2、かけ銭やとり銭

f:id:chuumeikun:20181206185715j:plain

今日は、雨、まだあられも降っていませんが、明日からようやく寒くなるようです

f:id:chuumeikun:20181206185834j:plain

いま、ふすまに貼ってあった江戸時代の日記を整理しています 

今日は、頼母子のこと、かけ銭ととり銭のことです

f:id:chuumeikun:20181206190007j:plain

f:id:chuumeikun:20181206190040j:plain

f:id:chuumeikun:20181206190129j:plain

f:id:chuumeikun:20181206190201j:plain

こまかいお金が、ちょこちょこ動いているようですが、しくみがよくわかりません

山口のクリスマスのこと

山口で、クリスマスツリーの点灯が始まったようです ラジオY局のYさんが、話されていました

はじめて山口でクリスマスを行ったのは、サビエル(ザビエル)さんのようです

f:id:chuumeikun:20181205054632j:plain

 サビエルは、布教のために、京都に来ましたが、戦乱を見て、山口で活動することにしました

f:id:chuumeikun:20181205054851j:plain

このとき、クリスマス、夜のお祈りをしたそうです もちろん、大内氏家族も参加したと思います そのとき、娘、鶴姫(仮称)もいたと思います

f:id:chuumeikun:20181205054914j:plain

山口は、一見平和でしたが、陶とのわだかまりは、高まるばかりでした

そして、ついに、謀反がおこりました

f:id:chuumeikun:20181205054940j:plain

大内氏一族は、長門市湯本で果てました 山口のクリスマスには、重い歴史があるようです

屏風の中の古文書のこと

f:id:chuumeikun:20181204054616j:plain

昨日やっと、つるに金紙をつけました あとは、形を整えて、飾をつけるだけです

古い屏風が、ねずみにかじられたので、絵を修復することにしました 中身は、取り出すことにしました

f:id:chuumeikun:20181204054751j:plain

f:id:chuumeikun:20181204054809j:plain

正徳を享保に変えたときの、文書が出てきました

f:id:chuumeikun:20181204054830j:plain

享保の案がありますが、天明もあります 案は、たくさんあったようです

書類のことは、山口県文書館に、問い合わせることにしました