チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

徳川家重元服のこと

屏風の中の古文書を調べています  東武国朝記巻十というのがありました

享保時代の徳川吉宗のことが書かれていました

f:id:chuumeikun:20190216010511j:plain

若君、家重が元服した記録がありました 資料がたくさんあります

f:id:chuumeikun:20190216010645j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010704j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010723j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010744j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010803j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010823j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010845j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010904j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010925j:plain

f:id:chuumeikun:20190216010948j:plain

f:id:chuumeikun:20190216011013j:plain

f:id:chuumeikun:20190216011036j:plain

f:id:chuumeikun:20190216011100j:plain

f:id:chuumeikun:20190216011125j:plain

元服は、何日もかけて行われたことがわかりました 節句も、元服のひとつのようです ところで、この詳しい記録を、だれがかいたのでしょうか 

東武国朝記巻十の5、内田信濃守乱心のこと

屏風の中の古文書を調べています

f:id:chuumeikun:20190214225935j:plain

テレビで、萩城の堀の水をぬいていました 明治に城が壊されたとき、かわらが堀に落ちたようです とりこわしのときに、中にあったものが、競売にかけられたようです

f:id:chuumeikun:20190214230157j:plain

この屏風は、そのときに、我が家に流れてきたのかもしれません

東武国朝記巻十というめずらしいものがありました

今日は、内田信濃守のことを紹介します

f:id:chuumeikun:20190214230417j:plain

f:id:chuumeikun:20190214230441j:plain

藩主が乱心で、妻女を傷つけ、領地替えになりました 正室は、徳山藩の姫だったようです

長州藩、忠蔵さんの農民日記72、くるみ𣏒のこと

ふすまに貼ってあった江戸時代の日記を整理しています

今日は、くるみ、𣏒のことです 𣏒は、国字で「くるみ」と読むそうです

日記の中に、その文字がありました

f:id:chuumeikun:20190212001258j:plain

f:id:chuumeikun:20190212001319j:plain

f:id:chuumeikun:20190212001348j:plain

𣏒は、屋根のふきかえに使ったようです

f:id:chuumeikun:20190212001516j:plain

萱のおさえに使ったのでしょうか

f:id:chuumeikun:20190212001612j:plain

f:id:chuumeikun:20190212001634j:plain

かなりまとめて山から切り出しているようです 「こなげ」ということばがあるので、小枝か細木のようなものだと思います 長屋のどこの部分に残っているのか、もう少し調べなくてはなりません

f:id:chuumeikun:20190212001859j:plain

ちなみに、実を食用にする胡桃(くるみ)、オニグルミは、湯本に少し残っています もう、貴重品だと思います

ぶどうの剪定

2月に入ったので、残しておいたぶどうの剪定をしました

f:id:chuumeikun:20190211185421j:plain

太い枝がたくさんありますが、思い切って切りました 今年も、たくさんなりますように

f:id:chuumeikun:20190211185625j:plain

遅霜対策のために、ぶどうといっしょにさくらんぼを植えています つぼみが大きくなりました

f:id:chuumeikun:20190211185755j:plain

暖冬のせいか、草も大きく育ちました 暖かい日に、抜く予定です これから、忙しくなりそうです

こおりもち干し

今日は、久しぶりに、津和野の稲荷神社に行きました

f:id:chuumeikun:20190209211600j:plain

f:id:chuumeikun:20190209211625j:plain

高い場所の大きな神社、風格があります

f:id:chuumeikun:20190209211853j:plain

夕方、かきもち、(地方名こおりもち)を切って、ほしました 子供のころは、たくさんついていましたが、保存食の一つだったのでしょう

ふすまの古文書に毛利10代家族の名前が

f:id:chuumeikun:20190208153522j:plain

しだれうめの白は満開になりました ももが咲き始めましたが、今日は、北ではすごい寒波とか

f:id:chuumeikun:20190208153631j:plain

ふすまの古文書が、やっと整理できました 中に、毛利10代殿様の関係者の名前がありました 

f:id:chuumeikun:20190208153723j:plain

なぜか、世継ぎ保三郎の名が入っていません 別格だったのでしょうか

資料で、確認してみました

f:id:chuumeikun:20190208154216j:plain

側室のことは、不確かです 毛利11代史で確認する予定です

f:id:chuumeikun:20190214225520j:plain

2月14日、長門図書館で調べました かなり違っていました

以下、資料をいくつか紹介します

f:id:chuumeikun:20190208154400j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154419j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154438j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154459j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154536j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154556j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154631j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154716j:plain

f:id:chuumeikun:20190208154818j:plain

資料がたくさん集まりました これから、ゆっくり調べます

次回からは、忠蔵さんの日記と東武国の記録にもどります