チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

暖地性さくらんぼに覆いをかけました

暖地性さくらんぼのつぼみが大きくなりました

f:id:chuumeikun:20200221222708j:plain

霜にあうと、枯れてしまうので、覆いをかけました

f:id:chuumeikun:20200221222801j:plain

右の覆いは、ガムテープでついであります

f:id:chuumeikun:20200221222905j:plain

砂袋が丈夫で、捨てるのがもったいないので、覆いに作ってみました ゴムボンドを使っています

f:id:chuumeikun:20200221223018j:plain

さくらんぼは、ハウスの中で育てています 網を下すと、鳥が入れません

f:id:chuumeikun:20200221223212j:plain

さくらんぼの上は、シャインマスカットが伸びています これで、十分実がなります よくばりハウスです

古文書講座の予習、紙と鯨油の値段

次の日曜日から、清風記念館主催の古文書講座があります 小山先生から、資料が届きました

f:id:chuumeikun:20200219232427j:plain

f:id:chuumeikun:20200219232449j:plain

f:id:chuumeikun:20200219232513j:plain

品物の値段を下げるようにという通達です 3品については、よく分かりません

自分なりに解読してみました

f:id:chuumeikun:20200219232637j:plain

f:id:chuumeikun:20200219232657j:plain

f:id:chuumeikun:20200219232715j:plain

忠蔵さんの日記を調べていて、品物の値段が新たに分かったので、とてもありがたい資料です 

ちなみに、今編集中の農民日記に、次の値段一覧表を入れる予定です

f:id:chuumeikun:20200219232946j:plain

f:id:chuumeikun:20200219233008j:plain

中身の方は、7月までできました もうひとふんばりです △燈油(灯油)30文は1合分

ラジオの電池

今使っているラジオです

f:id:chuumeikun:20200218080350j:plain

防災用で、いろんな機能があります

f:id:chuumeikun:20200218080458j:plain

そのせいか、電池の数も多いです

f:id:chuumeikun:20200218080543j:plain

5こも電池がいります ラジオが鳴らなくなったら、5こ全部交換していました

でも、ラジオで使っているのは、2つだけでした 調べもせずに捨ててしまったものもあります もったいないことをしていました

f:id:chuumeikun:20200218080818j:plain

分かってからは、豆電球で調べています だいたい交換は、1つで済みます

寒波到来、昨日から、忘れていた雪が降り始めました

f:id:chuumeikun:20200218080949j:plain

f:id:chuumeikun:20200218081008j:plain

やっと冬らしくなって、春を迎えられます

梅に鳥が来ました

庭のしだれうめが、台所から見えるので、ありがたいです 旅館に泊まった気分が味わえます

f:id:chuumeikun:20200214005845j:plain

花が咲いて、めじろが来るようになりました

f:id:chuumeikun:20200214010015j:plain

めじろは、うめの花粉を食べているようすです 

はっさくをおいた台にも、来ていました

f:id:chuumeikun:20200214010126j:plain

冬鳥(多分シロハラ)も、庭にやってきます

f:id:chuumeikun:20200214010248j:plain

この鳥、あわてもので、先週は網にひかかっていました

f:id:chuumeikun:20200214010506j:plain

あぶない目にあったのに、気にせず、毎日、家の周りにきています

この冬鳥も、暖かくなったら、また、北の方へ帰っていくのでしょう 代わりに、南からツバメがやってきて、入れ替わるのは、もうすぐです

氷が張りました

大阪から帰った孫が、今年こそはと、氷づくりをためしました

f:id:chuumeikun:20200212072731j:plain

昨日は、霜注意報がでました

f:id:chuumeikun:20200212072902j:plain

予報どおり、大霜でした

f:id:chuumeikun:20200212072954j:plain

雨水に、薄く氷が張っていました

f:id:chuumeikun:20200212073035j:plain

花びらも氷がついていました 氷が張って満足 昨日孫は帰っていきました

f:id:chuumeikun:20200212073226j:plain

f:id:chuumeikun:20200212073246j:plain

よい天気だったので、ぶどうの草取りをしました これから、春の農作業を、ぼちりぼちり進めていきます

大工さんの知恵

テレビで、大工さんの墨つぼが紹介されていました

f:id:chuumeikun:20200206145242j:plain

子供のころ、はじかせてもらったことがあります 曲がった松の木を、上手に屋根にのせて、柱をさしているのに感心していました

f:id:chuumeikun:20200206145437j:plain

不思議な柱は、うちにもあります おじからもらったものです 昔大工さんだったようで、昔の大工さんは、こういうものを作って技術を伝授していたのでしょうか

大工さんが作った組み木もいただきました

f:id:chuumeikun:20200206145707j:plain

この組み木は、ネットでもよく紹介されています 自分も作ってみました

f:id:chuumeikun:20200206145809j:plain

つなぎめ部分は、複雑な切れ込みになっています よく考えたものだと思います

長門市三隅、沢江の針のこと

江戸時代の帳面を調べています

f:id:chuumeikun:20200203131916j:plain

三隅下に、沢江という地区があります 江戸時代は、沢江浦といっていました その昔、豊田町に葬られている安徳天皇を、引き上げたことで有名です

買い物帳に、沢江針というのがありました。

f:id:chuumeikun:20200203132224j:plain

沢江は、江戸時代末がら、針の産地だったようです たった一文字ですが、沢江の針が売られていたことが分かり、ありがたい資料です

沢江は、村田清風先生で有名です

f:id:chuumeikun:20200203132622j:plain

f:id:chuumeikun:20200203132642j:plain

f:id:chuumeikun:20200203132704j:plain

萩の観光客が、70万人に落ち込んだと、ニュースでいっていました 元乃隅やセンザキッチンは盛況ですが、清風記念館も同様、歴史への関心はいまいちのようすです 

f:id:chuumeikun:20200203133149j:plain

シダレウメの桃が咲き始めました 次の寒波が過ぎたら、一気に咲くかも