チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

忠蔵さんの農民日記p89、畳乾し

f:id:chuumeikun:20210125182440j:plain

自作本の紹介をしています 今日は、畳乾しのことです

f:id:chuumeikun:20210125182532j:plain

f:id:chuumeikun:20210125182554j:plain

f:id:chuumeikun:20210125182610j:plain

昔は、夏の暑い日に、どこの家でも畳を外に出してほこりをたたいていましたが、そんな光景も、本当に昔の話になったようです

今日は、春のような天気でした

f:id:chuumeikun:20210125182745j:plain

2週間前に大雪だったのが、うそみたいです

f:id:chuumeikun:20210125182822j:plain

甘夏畑では、予想通りのことが起こりました

f:id:chuumeikun:20210125182915j:plain

今日は、山にあるいのししよけの囲いを修理しました

f:id:chuumeikun:20210125183028j:plain

f:id:chuumeikun:20210125183048j:plain

雑木のじゃまになる孟宗竹を切りました 大きなハゼノキがありましたが、枯れて骨だけ残っています 磨けば値打ちものになるかな

忠蔵さんの農民日記p88、粟混納のこと

f:id:chuumeikun:20210123072843j:plain

自作本の紹介をしています 今日は、粟混納のことです

f:id:chuumeikun:20210123072919j:plain

f:id:chuumeikun:20210123072935j:plain

f:id:chuumeikun:20210123072952j:plain

f:id:chuumeikun:20210123073012j:plain

忠蔵さんは、田が減り、粟やきびを栽培して食べ物を補っていたようです

きのうは、ぶどうの網の穴を修理しました ハクビシンがあけたものですが、全く気づきませんでした

f:id:chuumeikun:20210123073345j:plain

f:id:chuumeikun:20210123073402j:plain

シャインマスカット、ベリーA 、デラウェアがありますが、巨峰だけハクビシンに食べられます 巨峰の甘い香りは、段違いだからでしょう

忠蔵さんの農民日記p87、新道作り

f:id:chuumeikun:20210122035944j:plain

自作本の紹介をしています 今日は、新道作りのことです 

f:id:chuumeikun:20210122040331j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040348j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040404j:plain

村人は、作業のたびに、お酒を飲んでいました 今もかわりませんが 近くには、岡藤、和泉、阿部などの酒屋がありました 岡藤は、造り酒屋でもありました 

f:id:chuumeikun:20210122040653j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040710j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040730j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040747j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040804j:plain

f:id:chuumeikun:20210122040821j:plain

f:id:chuumeikun:20210122041023j:plain

今、竹山から、なだらの親を切り出しています まだたけのこは出ていませんが、もう、いのししがさぐったあとがありました

f:id:chuumeikun:20210122041001j:plain

f:id:chuumeikun:20210122041052j:plain

 

忠蔵さんの農民日記p86、襖張替

f:id:chuumeikun:20210120191628j:plain

自作本の紹介をしています 今日は、襖張替えのことです

f:id:chuumeikun:20210120191712j:plain

f:id:chuumeikun:20210120191730j:plain

f:id:chuumeikun:20210120191748j:plain

襖を張り替えるとき、木枠に使いふるした紙をはっていました 不用になったふすまをはいでいくと、中から古文書がよく見つかります

f:id:chuumeikun:20210120192003j:plain

f:id:chuumeikun:20210120192022j:plain

今、古い家がそっくり解体されることが多くなったようですが、襖の中には、江戸時代の生活が分かる古文書が入っているかもしれません

長門市三隅生島の大乗妙典奉納石碑のこと

長門市三隅生島に薬師堂があります 町内には4ウありましたが、他は崩れて1つだけ残りました

f:id:chuumeikun:20210119180205j:plain

ところが、最近、この薬師堂も危なくなってきました

f:id:chuumeikun:20210119180250j:plain

土台は朽ちています 自治会で、保存について話し合っているところですが、この薬師堂のことについて整理してみました

f:id:chuumeikun:20210119180436j:plain

f:id:chuumeikun:20210119180454j:plain

f:id:chuumeikun:20210119180513j:plain

この機会に、ここにある石碑のことについて調べました

f:id:chuumeikun:20210119180620j:plain

f:id:chuumeikun:20210119180638j:plain

長門市内には、大乗妙典に関する石碑がいくつかあるようです ここで奉納したお坊さんは、鳥取県から来たようです

f:id:chuumeikun:20210119180842j:plain

三朝町は、修行僧がたくさんいたのでしょうか あの、有名な崖の上のお堂も、この町にあるようです

f:id:chuumeikun:20210119181047j:plain

ところで、修行を終えたお坊さんは、その後どうなったのでしょう

萩市三見のつつぼ団子祭事のこと

萩市三見には、みちのえき「さんさん三見」があり、景色と地域の産物が楽しめます

f:id:chuumeikun:20210118140309j:plain

f:id:chuumeikun:20210118140327j:plain

f:id:chuumeikun:20210118140350j:plain

江戸時代、天保時代のことを書いた「防長風土注進案」によると、三見周辺で、二十日正月に「つつぼ団子」をお供えする祭事があったそうです

三見の親戚にたずねてみました それと思われる祭事が、今も節分過ぎに行われているとのことでした 次のような内容です

f:id:chuumeikun:20210118140813j:plain

団子お供え祭事のほかに、「地神祭り」「お日まち祭り」「山の神祭り」なども行われているそうです 三見には、昔からの行事が、まだまだ残っているようです