チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

長門市三隅の峠、さやか峠(石原峠)のおじぞうさん

f:id:chuumeikun:20180221132650j:plain

長門市は、500m級の山に囲まれていて、峠がたくさんあります

f:id:chuumeikun:20180221132708j:plain

今、三隅の峠を確認しています 

f:id:chuumeikun:20180221132727j:plain

f:id:chuumeikun:20180221132746j:plain

f:id:chuumeikun:20180221132814j:plain

先日行った大水峠(三隅ー嘉万)には、おじそうさんがありました

昨日は、二条窪ー真木間の、さやか峠(現石原峠、長門市史:サイガ峠のこと?)に、行きました

f:id:chuumeikun:20180221132845j:plain

三隅側、二条窪からの道は、もう歩けないようです 真木側、奥畑から登ることにしました

f:id:chuumeikun:20180221132913j:plain

奥畑には、区画整理された広い水田が、奥までありました 正直、おどろきでした

f:id:chuumeikun:20180221132930j:plain

山道に入るところには、小石がもってありました

f:id:chuumeikun:20180221132947j:plain

峠は、くぼんでいて、大水峠と似ていました

f:id:chuumeikun:20180221133008j:plain

峠には、おじぞうさんがありました

f:id:chuumeikun:20180221133022j:plain

f:id:chuumeikun:20180221133040j:plain

安政6年に、寄進されたようです

f:id:chuumeikun:20180221133056j:plain

槇村の名があります おじそうさんの世話をされているのは、真木の方のようです

大水峠も、さやか峠も、人の往来がなくなっても、おじぞうさんのお陰で、片側だけでも、道が残っている気がします

次は、大水峠とさやか峠の間にあった、あわが峠を探してみようと思います

長門市三隅、美祢市嘉万境、大水峠のお地蔵さま

長門市三隅と美祢市嘉万の境に、大水峠トンネルがあります 地図には、山の上に昔の道があり、峠が、大水峠となっています

その峠に行ってみました

f:id:chuumeikun:20180217194644j:plain

今日は、風がありましたが、とてもよい天気でした

f:id:chuumeikun:20180217194705j:plain

天井山がくっきり見えます 今日は、途中の大水峠まで登ります

f:id:chuumeikun:20180217194722j:plain

車は、県道大水峠トンネル入り口の駐車場にとめました 南に、桂木山が見えます

f:id:chuumeikun:20180217194737j:plain

林道を登ると、いくつかの砂防ダムに、出会います

f:id:chuumeikun:20180217194754j:plain

林道には、竹が倒れて、じゃまをしています 今日は、これを切るために、鋸を持ってきました

f:id:chuumeikun:20180217194809j:plain

f:id:chuumeikun:20180217194824j:plain

これで、しばらくは、大丈夫でしょう

f:id:chuumeikun:20180217194840j:plain

林道を登っていると、左に、上がる小道に出あいます いくつかテープがつけてあります 天井山、権現山尾根筋にあがる登山道の入り口です 駐車場からここまで、20分位です

f:id:chuumeikun:20180217194854j:plain

f:id:chuumeikun:20180217194907j:plain

私も、ひとつ、目印をつけておきました ヤマコウバシの押葉です

f:id:chuumeikun:20180217194924j:plain

登り口から、5分位で、尾根頂上、大水峠につきました ここまでは、とても、分かりやすい道でした 東側に、お地蔵様があります 

f:id:chuumeikun:20180217194945j:plain

峠から西側、天井山側に、少し歩いてみました 雑木が高く、視界はほとんどありませんが、かすかに、港が見えました 仙崎の町です 海に突き出たものは、石灰石を運ぶベルトコンベヤーです 向こうに、青海島、その手前に、王子山が見えます

f:id:chuumeikun:20180217195006j:plain

f:id:chuumeikun:20180217195024j:plain

石がごろごろして、歩きにくく、分かりにくい道でした テープがあったので、その近くに、ヤマコウバシのしおりをつけておきました

今日は、ここまでの下見で、峠にもどりました

f:id:chuumeikun:20180217195042j:plain

峠のお地蔵様には、ハナシバ(シキミ)が、供えてありました 

f:id:chuumeikun:20180217195058j:plain

台座には、「寄進」「明治二十九年」(多分)という文字が見えます

f:id:chuumeikun:20180217195115j:plain

「十一月十三日」と、名前のようなものがあります このお地蔵様について、知りたくなりました

麓にもどって、地元の人から、「今も数人で、お世話されています。90歳位の方が、よくご存知です」と、教えていただきました その方に、今日は、お会いできませんでしたが、話を聞くのが楽しみです

古文字、かなの形、ま、み、む、め、も

手持ちの資料で、古文字の「かな」の形を整理しています

今回は、「ま行」です

f:id:chuumeikun:20180216020519j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020538j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020553j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020610j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020626j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020642j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020700j:plain

毎日、少しずつトランペットを練習しています 

「仕事人」の曲に、挑戦してみたくなりました 今回は、ネット動画を、ビデオカメラで撮りました

f:id:chuumeikun:20180216020718j:plain

f:id:chuumeikun:20180216020732j:plain

少しずつ再生しながら、トランペットで音を確認しました

f:id:chuumeikun:20180216020747j:plain

読みとった音です 合っているか分かりませんが、とりあえず、楽しもうと思います

注進案、長門市伊上の植物8の8、草5の5

天保の書、防長風土注進案の植物について調べています

今回は、長門市伊上の植物8の8、草5の5です

f:id:chuumeikun:20180215084758j:plain

f:id:chuumeikun:20180215084816j:plain

f:id:chuumeikun:20180215084834j:plain

1 ざら ざら茶 だら茶 カワラケツメイ

f:id:chuumeikun:20180215084854j:plain

カワラケツメイは、お茶として、利用されています 秋吉台の遊歩道で、よく見かけます

2 唐草 トウクサ カラクサ カラムシ

f:id:chuumeikun:20180215084912j:plain

唐草という名前は、今では聞かないように思います 子供の頃、教えてもらったように思います 今、この地域では、葉の裏の白さから、シローバと呼んでいます

3 もめら ツルボ

f:id:chuumeikun:20180215084931j:plain

モメラは、山口県の地方名です

今日、夜中、2時半ごろ、列車の音が聞こえました ゴトゴト、ゴトゴト、ゴトゴトと、重たい音です

f:id:chuumeikun:20180215084947j:plain

「みずかぜ」が上っていきました 二階の窓から、デジカメで撮りました 今日は、山陰の雪景色も楽しまれことでしょう

次の日曜日は、昼、下りが、ここを通ります

ブドウの剪定

昨日も、朝、雪がありました

f:id:chuumeikun:20180214062144j:plain

f:id:chuumeikun:20180214062227j:plain

f:id:chuumeikun:20180214062254j:plain

寒波が続いたためか、サザンカの花の色が、少し黒っぽくなったような気がします

午後は、日差しも出て、雪もすっかりとけました

f:id:chuumeikun:20180214062313j:plain

これは、シャインマスカットです 一昨年、病気にかかり、成長不良でしたが、去年、元気を取り戻し、枝がよく伸びました 花は、咲きませんでした 向こうの、ベリーAは、病気から復活して、実がなりました 

病気になったのは、上に覆ったシートを、1年中、かけたままにしたためだろうと思います 去年から、サクランボの花が、咲いたらシートをかけ、ブドウの実が終わったら、シートを取るようにしました

これから、暖かくなると、休眠していた芽が、一気に膨らみます 今、剪定のしどころです

f:id:chuumeikun:20180214062328j:plain

去年、新芽が出なかった枝が、いくつかありました

f:id:chuumeikun:20180214062359j:plain

念のために、2つ目の芽を残して、剪定しました 芽のすぐ上で切ると、切り口から枝の乾燥がすすんで、芽も枯れてしまうそうです

f:id:chuumeikun:20180214062419j:plain

シャインマスカットだけで、切った枝が、これだけありました

f:id:chuumeikun:20180214062437j:plain

もったいないので、赤土にさしておきました 根が出れば、ラッキーですが 

注進案の植物、長門市伊上8の7、草5の4

天保の書、防長風土注進案の植物について調べています

今回は、長門市伊上の植物8の7、草5の4です

f:id:chuumeikun:20180210191119j:plain

f:id:chuumeikun:20180210191138j:plain

f:id:chuumeikun:20180210191205j:plain

1 メヒシバ

f:id:chuumeikun:20180210191229j:plain

メヒシバは、カゲグサとかヨバイグサとよばれています(山口県植物誌)

f:id:chuumeikun:20180210191248j:plain

2 カタバミ

f:id:chuumeikun:20180210191306j:plain

カガミグサといわれる植物はたくさんあるようです 山口県植物誌によると、カタバミのようです

3 スベリヒユ

f:id:chuumeikun:20180210191329j:plain

4 キカラスウリ

f:id:chuumeikun:20180210191346j:plain

カラスウリは、長門の西部でよく見られます、

f:id:chuumeikun:20180210191403j:plain

今月、三隅ー八代道路沿いで、見つけました 三隅で見たのは、はじめてです

還暦祝いに、子供たちがくれた、ブルーベリー、モモ、リンゴの苗木が、4年たちました

f:id:chuumeikun:20180210191424j:plain

f:id:chuumeikun:20180210191443j:plain

f:id:chuumeikun:20180210191503j:plain

モモとリンゴは、まだ実をつけません 今年は、こまめに手入れしようと思っています

注進案、長門市伊上の植物8の6、草5の3、と、ていらぎのこと

天保の書、防長風土注進案の植物について調べています

今回は、長門市伊上の植物8の6、草5の3のことです

 

f:id:chuumeikun:20180210004118j:plain

f:id:chuumeikun:20180210004138j:plain

f:id:chuumeikun:20180210004204j:plain

1 キチジョウソウ

f:id:chuumeikun:20180210004221j:plain

f:id:chuumeikun:20180210004235j:plain

2 トクサ

f:id:chuumeikun:20180210004249j:plain

トクサは、田舎の庭によく植えてありました

3 オオバコ

f:id:chuumeikun:20180210004309j:plain

4 クララ

f:id:chuumeikun:20180210004324j:plain

クララは、秋吉台で見ることができます

早春の山菜、テイラギが、そろそろ食べごろに育っている時期です

f:id:chuumeikun:20180210004344j:plain

f:id:chuumeikun:20180210004357j:plain

いつも採取するところに、行ってみました

f:id:chuumeikun:20180210004419j:plain

f:id:chuumeikun:20180210004437j:plain

あまり育っていなく、しみた葉がありました 今年は、寒波が強かったためでしょう

テイラギについて、昭和48年三隅町の歴史と民俗に、特に、詳しく書いてあるので、紹介します

f:id:chuumeikun:20180210004454j:plain

f:id:chuumeikun:20180210004517j:plain

f:id:chuumeikun:20180210010721j:plain

f:id:chuumeikun:20180210010746j:plain

テイラギは、川の砂利によく広がっていましたが、今は、ヨシが旺盛で、少なくなっているように思います