読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

長門三隅・いこいの森の植物3月その2、スミレの仲間

f:id:chuumeikun:20170308231830j:plain

f:id:chuumeikun:20170308231848j:plain

f:id:chuumeikun:20170308231906j:plain

長門市、「いこいの森三隅」の植物観察をしています 春、スミレの仲間が見られます

1 スミレ

f:id:chuumeikun:20170308232107j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232121j:plain

2 コスミレ

f:id:chuumeikun:20170308232135j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232148j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232202j:plain

コスミレは、葉がとても大きくなることがあるようです

3 ナガバノタチツボスミレ

f:id:chuumeikun:20170308232238j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232253j:plain

4 コタチツボスミレ

f:id:chuumeikun:20170308232307j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232320j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232335j:plain

ナガバノタチツボスミレ(左)とコタチツボスミレ(右)を並べてみました

5 ツボスミレ(ニョイスミレ)

f:id:chuumeikun:20170308232448j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232504j:plain

f:id:chuumeikun:20170308232516j:plain

山口県には、次のようなスミレの仲間があるようです(山口県植物誌) 

f:id:chuumeikun:20170308232748j:plain

いこいの森には、写真以外のスミレもありそうです

風土注進案の植物9青海、大日比1

天保の書、防長風土注進案の植物について調べています

f:id:chuumeikun:20170306201242j:plain

f:id:chuumeikun:20170306201313j:plain

今回は、青海島の西側、青海と大日比その1です

f:id:chuumeikun:20170306201440j:plain

1 松 マツ

f:id:chuumeikun:20170306201813j:plain

青海島には、海岸性のクロマツが生えています 向こうの島は、相島です

f:id:chuumeikun:20170306201934j:plain

青海には、青海湖があり、海との境にクロマツがありました ここは、波の橋立といいます 残念ながら、マツは、枯れてしまいました

2 椎 シイ

f:id:chuumeikun:20170306202155j:plain

島では、スダジイが見られます

f:id:chuumeikun:20170306202232j:plain

下列は、ツブラジイ(コジイ)です

3 楢 ナラ

f:id:chuumeikun:20170306202312j:plain

島では、コナラが見られます

4 樫 カシ

f:id:chuumeikun:20170306202349j:plain

島には、アラカシが多かったように思います

5 躑躅 ツツチ ツツジ

f:id:chuumeikun:20170306202419j:plain

ヤマツツジです

f:id:chuumeikun:20170306202438j:plain

コバノミツバツツジです 島では、両方ともよく見られます

6 リョウボ リョウブ

f:id:chuumeikun:20170306202519j:plain

リョウブです

7 紫榊 イササキ イシャシャギ ヒサカキ

f:id:chuumeikun:20170306202543j:plain

ヒサカキです 海岸近くには、ハマヒサカキが生えています

8 柴栗 シバグリ

f:id:chuumeikun:20170306202629j:plain

f:id:chuumeikun:20170306202646j:plain

野生のクリのことを、シバグリとよんでいます

9 榊 サカキ

f:id:chuumeikun:20170306202742j:plain

サカキです

10 樒 シキミ

f:id:chuumeikun:20170306202807j:plain

シキミです

次回は、青海、大日比の続きを紹介します

田舎、この1週間、じゃがいも植え

庭のシダレウメ(ピンク)が、満開になりました

f:id:chuumeikun:20170303191652j:plain

f:id:chuumeikun:20170303191733j:plain

f:id:chuumeikun:20170303191804j:plain

毎日、スズメとメジロがやって来るのを、部屋から楽しみにしています

f:id:chuumeikun:20170303191827j:plain

3月に入ったので、じゃがいもを植えることにしました

f:id:chuumeikun:20170303191840j:plain

去年11月に、耕運機ですいたところです

f:id:chuumeikun:20170303191858j:plain

びっしりスズメノカタビラが生えています この草を、年寄りは、ぶえが生えて困るといいます

f:id:chuumeikun:20170303191916j:plain

今年も、じいの手抜き栽培を行いました 草の上に、じゃがいもを、置いていきます

f:id:chuumeikun:20170303191935j:plain

じゃがいもの周りに腐葉土をかけます

f:id:chuumeikun:20170303191953j:plain

まわりの土をほって、じゃがいもにかぶせます

f:id:chuumeikun:20170303192013j:plain

じゃがいもの畝が2つできました さて、どうなることやら

f:id:chuumeikun:20170303192034j:plain

去年、さつまいもを掘らずに、わらをかけたところです

f:id:chuumeikun:20170303192053j:plain

さつまいもは、皆腐っていました 手抜きじいの失敗でした

f:id:chuumeikun:20170303192109j:plain

さくらんぼ(暖地性)のつぼみが膨らんできました

f:id:chuumeikun:20170303192121j:plain

f:id:chuumeikun:20170303192133j:plain

遅霜にあうとさくらんぼが腐ります シートをかけました 鳥対策には、実がなってから糸を張る予定です

いこいの森三隅の植物3月その1、ヤブツバキ、スダジイなど

f:id:chuumeikun:20170302133234j:plain

f:id:chuumeikun:20170302133252j:plain

f:id:chuumeikun:20170302133308j:plain

長門市・いこいの森三隅の植物観察をしています 3月はじめの今回は・・

1 シマカンギク(アブラギク)

f:id:chuumeikun:20170302133535j:plain

秋に咲き始めたたものが、冬も枯れずに春になりました

2 シロバナタンポポ

f:id:chuumeikun:20170302133634j:plain

県道沿いからの続きで咲いています

3 ヒサカキ

f:id:chuumeikun:20170302133715j:plain

今、市内の山のいろんな場所で咲いています

4 ヤブツバキ

f:id:chuumeikun:20170302133810j:plain

萩・笠山でつばき祭りが行われます 照葉樹林の代表の樹木ですが、福井県東尋坊・雄島にも原生林があります 学生時代、友人のMくんに案内していただき、笠山と同じ状態が、福井県にもできているのに驚きました ヤブツバキは、さらに北に進み、秋田県男鹿半島日本海側北限のようです

5 スダジイ

f:id:chuumeikun:20170302134449j:plain

f:id:chuumeikun:20170302134612j:plain

椎の実が落ちていました 実が長く、これは、スダジイです

f:id:chuumeikun:20170302134519j:plain

冬芽が膨らんでいます 5月、ここから白い花が出ると思います

f:id:chuumeikun:20170302134541j:plain

スダジイの樹皮は、割れています

スダジイに近い種に、ツブラジイがあります

f:id:chuumeikun:20170302134632j:plain

スダジイもツブラジイも、ヤブツバキ同様、照葉樹林の代表種です 図鑑を見るとき、植物の分布のこともとどめておくと、旅をしたときの楽しみが増えます 

長門市・いこいの森三隅から、見島連絡船が

f:id:chuumeikun:20170301002606j:plain

f:id:chuumeikun:20170301002625j:plain

f:id:chuumeikun:20170301002644j:plain

いこいの森三隅から、萩の島がいくつか見えます その間を、見島との連絡船が通っているので、写真を撮ることにしました

f:id:chuumeikun:20170301002953j:plain

いこいの森から見える、萩の島々です 見島航路は、相島と尾島の間のはずです 地図や岳山からの写真で、島の名前を確認しました

f:id:chuumeikun:20170301003239j:plain

f:id:chuumeikun:20170301003328j:plain

f:id:chuumeikun:20170301003401j:plain

櫃島(ひつしま)は、大きく高い山が右にあるので、尾島と反対の形に見えます 肥島は、小さく低いので、大島にくっついて見えます 肥島と大島は、手前の鯖島で、ほとんどかくれています

f:id:chuumeikun:20170301003822j:plain

2月27日午後4時ごろ(2月のダイヤ)、連絡船が櫃島の前に見えました

f:id:chuumeikun:20170301003839j:plain

櫃島の前から、尾島の前へ進んでいます 手前の島は、壁岩です

f:id:chuumeikun:20170301003854j:plain

尾島を過ぎました 北風が強く、海はしけています 手前のタンカーは、避難しているのではないかと思いました

f:id:chuumeikun:20170301003916j:plain

f:id:chuumeikun:20170301003937j:plain

相島と尾島の中間辺りです 手前の島は、右が笹島、左が大島(長門)です

f:id:chuumeikun:20170301004001j:plain

f:id:chuumeikun:20170301004029j:plain

相島の向こう側に行きました 船の揺れは、これから一段と大きくなります 35年前は、見島まで2時間かかりました 見島につくまで、時折ドーンと強く船底に当たる波を感じながら、客室で寝ていました これが、日本海だと実感できる旅です 冬になると、みんなで、見島海峡冬景色を歌っていたのを思い出しました

f:id:chuumeikun:20170301004057j:plain

相島を通り過ぎ、見島に向かってどんどん進んでいます

f:id:chuumeikun:20170301004112j:plain

やがて、青海島の山で見えなくなりました

地図で、航路を見てみます

f:id:chuumeikun:20170301004136j:plain

A地点が相島通過、B地点が青海島で見えなくなる辺りで、あと半分あります 萩から45Km、船員の方々、毎日ごくろうさまです

風土注進案の植物8通3

天保の書、防長注進案の植物について調べています

f:id:chuumeikun:20170228102645j:plain

f:id:chuumeikun:20170228102710j:plain

通浦の薬草類の続きです

1 半夏 ハンゲ

f:id:chuumeikun:20170228103339j:plain

カラスビシャクです 畑や家のまわりによく生えます

2 射干 シャカン

f:id:chuumeikun:20170228103439j:plain

ヒオウギ(ヒオオギ)です シャガとよむと違ってきます

f:id:chuumeikun:20170228103522j:plain

これは、シャガです

3 活婁 カツロウ

f:id:chuumeikun:20170228103600j:plain

カラスウリの根を、活婁根(枯楼根・カツロウコン)として使うようです

f:id:chuumeikun:20170228103713j:plain

これは、カラスウリです 根を土瓜根といい、天瓜粉がとれるようです

4 葛根 カッコン

f:id:chuumeikun:20170228103930j:plain

クズの根は、今もデンプンが重宝されています

5 菝葜 ハツカツ

f:id:chuumeikun:20170228104049j:plain

サルトリイバラです 三隅ではサンキライとも言っています 

f:id:chuumeikun:20170228110636j:plain

葉を使って、カシワモチ(イギダンゴ、イギノハダンゴ)を作ります 三隅のアグリ市場で、よく売れているようです

6 忍冬 ニンドウ

f:id:chuumeikun:20170228104352j:plain

スイカズラです 金銀花ともいうようですが、長門では、金銀花も金銀草も、ユキノシタのことをさしているようです(風土注進案、山口県植物誌)

7 牽牛子 ケニゴシ ケンゴシ

f:id:chuumeikun:20170228104553j:plain

アサガオの種のことです アサガオは、あちこちで野性化しているようです

8 菖蒲 ショウブ

f:id:chuumeikun:20170228104714j:plain

菖蒲湯にするショウブのことです ハナショウブとは別物です

9 薏苡仁 ヨクイニン ヨクイジン

f:id:chuumeikun:20170228104900j:plain

ジュズダマの実のことです

10 前胡 ゼンコ

f:id:chuumeikun:20170228105105j:plain

f:id:chuumeikun:20170228105123j:plain

ノダケのことです

注釈に、女前胡で、風味よし、浦民、源五兵衛というとありますが、これは、ハナウドのことです

f:id:chuumeikun:20170228105437j:plain

f:id:chuumeikun:20170228105452j:plain

f:id:chuumeikun:20170228105504j:plain

今回で、通浦を終わります 次回から、青海、大日比浦の植物を紹介します

田舎ぐらし、この1週間

2月も終わりに近づき、庭も春らしくなってきました

f:id:chuumeikun:20170226092725j:plain

庭の梅は、散り始めています

f:id:chuumeikun:20170226092929j:plain

裏庭の白のシダレウメは、満開になりました

f:id:chuumeikun:20170226092959j:plain

f:id:chuumeikun:20170226093023j:plain

ピンクのシダレウメが、かなり開いてきました

f:id:chuumeikun:20170226093225j:plain

盆栽のしいたけは、まだまだ楽しませてくれます

f:id:chuumeikun:20170226093324j:plain

f:id:chuumeikun:20170226093337j:plain

今週は、古文書の勉強をしていて、外仕事は、倒木の薪づくり1本だけでした

f:id:chuumeikun:20170226093528j:plain

3日間の古文書講座で、16ページ分の毛利藩の手紙があります 

肥前島原普賢山焼出シ候趣 並大地震津波等ニテ御城下其の外近国破損の事

寛政4年4月に起こった普賢岳の噴火とその被害の様子が書かれています 文字が読め、内容が分かるようになることを目指して、勉強しています