チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

長州藩、忠蔵さんの農民日記4、たわし代

f:id:chuumeikun:20180701214848j:plain

関東では、梅雨明けしたとか 山口県は、金曜までは、今週から晴れる予報でしたが、台風接近で、雨の連続に変わりました でも、今日は、青空で、海岸に行ってみました

f:id:chuumeikun:20180701215051j:plain

海岸では、オニユリが咲いていました オニユリコオニユリは、山口県では、「ごうら」「オニゴウラ」と呼んでいます 以前、高麗神社を「ごうら」神社と読むことを知ったので、「ごうら」とは、高麗のことだろうと思っています 今日は、ある番組で、高麗を「こま」と言っていました 昔、高麗の人が、日本に渡ってくる出来事が、あったのかな

今、ぼちりぼちり、江戸時代の日記を調べています

f:id:chuumeikun:20180701215115j:plain

文化文政時代の物品の代金、「たわし」のことです

f:id:chuumeikun:20180701215136j:plain

天保のころの、三隅村の様子です

f:id:chuumeikun:20180701215155j:plain

百姓(農民)にも、3通りあります その区別は、石高(収入)による税金「門役銀」で、次のようになっていました

f:id:chuumeikun:20180701215214j:plain

「門男」が半数をしめ、小作や小規模農家が多かったことが、想像できます 忠蔵さんは、四半軒でした

f:id:chuumeikun:20180701215234j:plain

分家によって土地が減り、天明の飢饉でさらに打撃を受け、厳しかったろうと思います が、よく畔頭(くろがしら)を勤めたなと、思います