読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

長門三隅、いこいの森の植物4月その13、カラスノカタビラとスズメノカタビラ

長門市、「いこいの森三隅」の植物観察を続けています

f:id:chuumeikun:20170428060613j:plain

f:id:chuumeikun:20170428060626j:plain

f:id:chuumeikun:20170428060640j:plain

道沿いに、イネ科植物がありました

f:id:chuumeikun:20170428060658j:plain

f:id:chuumeikun:20170428060712j:plain

この種類は、区別にいつも悩みます まず、部品の名前が、聞き慣れないものです

f:id:chuumeikun:20170428060757j:plain

葉舌(ようぜつ)、てつ毛、走出枝(そうしゅつし)、枝の刺、葉巾、葉先の形などで、違いを、絵にしてみました

 

f:id:chuumeikun:20170428060725j:plain

f:id:chuumeikun:20170428060742j:plain

 

部品を確認してみます

f:id:chuumeikun:20170428060812j:plain

実(小穂)は、緑と白い部分があります 

f:id:chuumeikun:20170428060825j:plain

葉巾は、5ミリ程度、先は、急に細くなっています 舟形です

f:id:chuumeikun:20170428060837j:plain

葉舌(ようぜつ)は、5ミリ程度あります 長い方です

f:id:chuumeikun:20170428060850j:plain

実の下の部分に、てつ毛が見えます 

f:id:chuumeikun:20170428060908j:plain

枝に、刺があります さわるとざらつきます 

f:id:chuumeikun:20170428060921j:plain

いこいのものは、まだ大株になっていませんでしたが、やがて、株になると思います 走出枝(そうしゅつし)は、ありませんでした 

部品の特徴から、カラスノカタビラ(オオイチゴツナギ)と考えました

f:id:chuumeikun:20170428060935j:plain

この草は、最近、春先に、道路沿いで見ることが多くなったように思います 牧草にもできそうです

スズメノカタビラのよく育ったものと、並べてみました

f:id:chuumeikun:20170428060949j:plain

f:id:chuumeikun:20170428061004j:plain

f:id:chuumeikun:20170428061023j:plain

f:id:chuumeikun:20170428061049j:plain

f:id:chuumeikun:20170428061106j:plain

名前のように、大きさは違いますが、よく似ているように思います

これから、夏にかけて、イネ科の草で勉強ができ、老化防止になります

5月10日にオオスズメノカタビラからカラスノカタビラ(オオイチゴツナギ)に訂正しました

その関係資料を追加します 説明図の内容を増やしました

f:id:chuumeikun:20170510080459j:plain

f:id:chuumeikun:20170510080537j:plain

いこいの森の根元です

f:id:chuumeikun:20170510080549j:plain

左ミゾイチゴツナギの根と並べてみました 倍以上の太さがあります ラッキョウの根のような形で、走出枝がでそうにありません

f:id:chuumeikun:20170510080600j:plain

葉には、とげがあり、さわるとざらつきます

f:id:chuumeikun:20170510080611j:plain

葉鞘は、平滑です

f:id:chuumeikun:20170510080621j:plain

右ミゾイチゴツナギの葉舌より、かなり大きいです

f:id:chuumeikun:20170510080636j:plain

実には、白毛があります いね科は、むつかしいです