読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

ヌカキビとオオクサキビとコオウレン胡黄連のこと

秋、道沿い、やや湿ったところで、ヌカキビとオオクサキビを見かけることがあります 大きさは違いますが、感じとして、似ているように思います

f:id:chuumeikun:20161107003816j:plain

はじめに、ヌカキビです

f:id:chuumeikun:20161107003855j:plain

f:id:chuumeikun:20161107003907j:plain

f:id:chuumeikun:20161107003920j:plain

f:id:chuumeikun:20161107003932j:plain

次に、オオクサキビです

f:id:chuumeikun:20161107004004j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004016j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004029j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004045j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004102j:plain

2つを並べてみました

f:id:chuumeikun:20161107004114j:plain

茎 左オオクサキビ 右ヌカキビ

f:id:chuumeikun:20161107004130j:plain

実 左オオクサキビ 右ヌカキビ どちらも目立ちませんが、花序の形が、印象に残ります

天保の書、防長風土注進案、三隅、通、俵山の薬草にある「コオウレン胡黄連(蓮)」のことが、やっと見つかりました 柏書房:草木名彙辞典のセンブリの項に、別名「とうやく胡黄連」というのがありました 胡黄連は、センブリのことだろうと思いました 殿居、殿敷の薬草には、「當藥」があり、これも、センブリのことだと思います とすると、江戸時代、防長では、2通りの名前が使われていたことになるのかな 

f:id:chuumeikun:20161107004144j:plain

これは、センブリの花です

庭の隅に、紫の花が咲いていました ラッキョウのしごをしたあと、くずをここに捨てたようです 

f:id:chuumeikun:20161107004202j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004226j:plain

ラッキョウって、強いんですね

f:id:chuumeikun:20161107004414j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004447j:plain

f:id:chuumeikun:20161107004531j:plain

昨日は、おととい切った杉を、電動チェーンソーで、薪にしました 木は、半分朽ちていますが、もったいないので、風呂焚きに使います