チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

水路の掃除

よい天気が続きますが、風は冷たいです 昨日の朝は、遅霜でした 3月終わりから4月の霜で、路地のさくらんぼは、だめになります 家が、山すそにあるためです 花が咲き始めたら、覆いをします こちらのさくらんぼは、元気いっぱいで、たくさんなっています …

忠蔵さんの農民日記p15の2、手形と質物

自作本の紹介をしています 忠蔵さんは、借銀の仕詰で、田畠を質物に手形をいくつも書いていました 借銀の証文を書く時の気持ちは、くやしさのなにものではないと思っています 字が震えているように感じます 庭のさくらがピークを過ぎました 毎日めじろが来て…

すいかを植えました

あちこちで、たけのこを掘ったと話しています 我が家も、山に行ってみました いのししが来なかった場所で、たけのこが伸び始めていました ちょうどよいたけのこが掘れました 店に、小玉すいかの苗が出ていました さっそく買って植えました 今年は、密植栽培…

忠蔵さんの農民日記p15、畠の手形

自作本の紹介をしています 今日は、畠の手形のことです 忠蔵さんは、小作農民として家督をついで、ずっと借銀に苦しんできました 分家で減った土地は、さらに減っていきました 手形が何枚か残っていました 他の手形は、後日紹介します 今日は、消毒した種籾…

忠蔵さんの農民日記p14、醤油と酢

自作本の紹介をしています 今日は、醤油と酢のことです 忠蔵さんの日記に出てくる値段は、醤油1升=1匁をだいたいの基準としています 分かりやすいところで、醤油1升=1匁=800円、長州藩80:1匁=80文で、1文=10円と考えています 江戸では…

忠蔵さんの農民日記p13、兎狩り

自作本の紹介をしています 今日は、領主が兎狩りをしたことです 兎狩りのときは、犬と網を、猟師から借りています この時はとれなかったので、庄屋と相談して、肴代を渡しています 忠蔵さんは、このとき畔頭だったのでしょう 鷹狩をしたとき殿さまが座った場…

三隅浅田の年貢、御蔵張紙之前と渋紙細引のこと

浅田村の年貢について調べていますが、分からない言葉2つについて、山口県文書館にお聞きしました 生島村の年貢には見当たらなかった言葉でした 本で得た一般的な年貢の知識では、読めないということを実感しました 山口県文書館の方々、たびたびありがとう…

忠蔵さんの農民日記p12、地神祭

自作本の紹介をしています 今日は、地神祭のことです 地神祭の貫ぎ(つなぎ)銭は、少しで、直会は質素だったようです 三隅地区では、八幡宮と天台宗と半々で、地神祭を担当していたようです 僧侶は、最後に胴上げされたそうです 今日は、梅畑とへりの道の草…

庭は春爛漫

今朝は冷え込み、霜がおりました その分、昼はとてもよい天気になりました 庭には、春の花が次々咲きました 松の日本庭園風もいいですが、季節の花が楽しめるのもいいものです あさってから雨のようで、咲き始めたさくらには、ちょっと気の毒。

忠蔵さんの農民日記p11、年始御祝儀

自作本の紹介をしています 今日は、年始御祝儀のことです 忠蔵さんは、あちこちに、年始の御祝儀を配っています 疋という形で、お金を包んでいます 1疋は、武家社会では、10文のようですが、忠蔵さんは、3文包、5文包などですませているようです 原文は…

忠蔵さんの農民日記p10、雑煮

自作本の紹介をしています 今日は、お正月の雑煮の話です 野菜の名前を、くずし字で紹介しました 黒豆は、黒大豆と記録されていました 我が家では、雑煮と七草と合体して食しています 出雲に行った子が、雑煮に小豆が入っていると話していました どんな雑煮…

忠蔵さんの農民日記p9、初参り

自作本の紹介をしています 今日から日記の中身です くずし字の入門として書きました 字は、一字一字分けて、メモに、筆運びが分かるようにしました これから、古文書に挑戦してみようかなと思う人に役に立てばと思います なるべく、自分が苦労した部分を紹介…

忠蔵さんの農民日記p7、8、天保一揆

今日は、県内の小学校で卒業式。おめでとうございます 今、自作本の紹介をしています 今日は、7、8ぺーじです 忠蔵さんが死んだ年、長州藩は、農産物の統制をはじめました そして、天保大一揆が起こったといわれています 一揆の内容は、古文書講座で学びま…

忠蔵さんの農民日記p6、家族

自作本の紹介をしています 今日は、忠蔵さんの家族数のことです 忠蔵さんの兄弟は多く、はじめは大家族でした 天明のききんでは、食料が不足したので、これがもとで借銀がはじまったようです この家族構成は、系図が書かれていたので、作成することができま…

忠蔵さんの農民日記p5、忠蔵さんの田畠

自作本、農民日記を紹介しています 今日は、p5、忠蔵さんの受け継いだ田畠です 天明のききんは、相当な災難だったようです さらに、分家が続き、忠蔵さんの田畠は、減る一方で、小作になりました 生島村に居住したころは、地主で、村の中心的な役を果たし…

農民日記、忠蔵さんの先祖

自作本、忠蔵さんの農民日記を紹介しています 忠蔵さんの先祖は、鎌倉の武士となっています 毛利が長州藩になったとき、領主村上さんか堅田さんと一緒に、生島村に居住したのでしょう はじめは、3町歩も田があったので、優遇されていたようです ただ、はじ…

農民日記の文字、覚えられない字は電子辞書で

忠蔵さんの農民日記の原稿が、完成しました 全部で177ぺーじ、先日、萩の印刷会社へ注文しました これから、中身について、少しずつ紹介していきます(自己満足なので、ご理解ください) 古文書を読むにあたって、覚えていたらよいなと思った文字の一覧を…

青海島高山からのながめ

昨日は、よく降りました でも、今日はとてもよい天気です 本の原稿が完成したので、青海島高山に登ることにしました 平穏な景色です 今、世界がたいへんなことになっているのが、不思議なくらいです 平穏が一番幸せなのかも

農民日記製本へ最終チェック

ハウスの中の暖地性さくらんぼが咲き始めました。 庭のはくもくれんも開き始めました 農民日記の原稿を、製本なみに閉じました。これから、最終チェックに入ります

おひな様、家のは大正の配置でした

今日は、暖かく、春そのものでした 暖地性さくらんぼは満開です これだけ花があれば、実もいっぱいできそうです 今日は、ひなまつり、わが家にも飾ってあります 先日、大阪から来た孫が、「並び方が反対になってる」といいました 意味がよく分かりませんでし…

古文書講座、毛利隆元人質のときの日記

今日は、村田清風記念館の古文書講座がありました。講師は、毛利博物館顧問の小山良昌先生です。内容は、毛利隆元が大内義隆の人質に、山口に来た時のことです。 その時の場面は、三隅の昔話で、少し勉強しました。三隅に、大内ゆかりといわれる祠があります…

山焼のあとの秋吉台

昨日、秋吉台は、山焼されました 今日は、とてもよい天気だったので、写真をとってきました 車が多かったです 360度雲一つなく、県西部の名山がよく見えました

暖地性さくらんぼに覆いをかけました

暖地性さくらんぼのつぼみが大きくなりました 霜にあうと、枯れてしまうので、覆いをかけました 右の覆いは、ガムテープでついであります 砂袋が丈夫で、捨てるのがもったいないので、覆いに作ってみました ゴムボンドを使っています さくらんぼは、ハウスの…

古文書講座の予習、紙と鯨油の値段

次の日曜日から、清風記念館主催の古文書講座があります 小山先生から、資料が届きました 品物の値段を下げるようにという通達です 3品については、よく分かりません 自分なりに解読してみました 忠蔵さんの日記を調べていて、品物の値段が新たに分かったの…

ラジオの電池

今使っているラジオです 防災用で、いろんな機能があります そのせいか、電池の数も多いです 5こも電池がいります ラジオが鳴らなくなったら、5こ全部交換していました でも、ラジオで使っているのは、2つだけでした 調べもせずに捨ててしまったものもあ…

梅に鳥が来ました

庭のしだれうめが、台所から見えるので、ありがたいです 旅館に泊まった気分が味わえます 花が咲いて、めじろが来るようになりました めじろは、うめの花粉を食べているようすです はっさくをおいた台にも、来ていました 冬鳥(多分シロハラ)も、庭にやって…

氷が張りました

大阪から帰った孫が、今年こそはと、氷づくりをためしました 昨日は、霜注意報がでました 予報どおり、大霜でした 雨水に、薄く氷が張っていました 花びらも氷がついていました 氷が張って満足 昨日孫は帰っていきました よい天気だったので、ぶどうの草取り…

大工さんの知恵

テレビで、大工さんの墨つぼが紹介されていました 子供のころ、はじかせてもらったことがあります 曲がった松の木を、上手に屋根にのせて、柱をさしているのに感心していました 不思議な柱は、うちにもあります おじからもらったものです 昔大工さんだったよ…

長門市三隅、沢江の針のこと

江戸時代の帳面を調べています 三隅下に、沢江という地区があります 江戸時代は、沢江浦といっていました その昔、豊田町に葬られている安徳天皇を、引き上げたことで有名です 買い物帳に、沢江針というのがありました。 沢江は、江戸時代末がら、針の産地だ…

浅田村の年貢5、周布金槌さん

浅田村の年貢を調べています 浅田村は、大津郡三隅村の下、海近くにあります 江戸末期の帳面に、周布金槌さんのものがありました 明治維新で、米からお金の年貢に変わりましたが、そのころ、地価の確認、改正が行われたようです 毛床(けとこ)という場所は…