チューメイくんの田舎ぐらし

定年退職後田舎ぐらしを始めました

長州藩、忠蔵さんの農民日記25、豆腐(とうふ)の代金と地神祭のこと

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、とうふ豆腐の代金のことです 地神祭は、当屋が順番で担当していました このときの、とうふ豆腐の代金で、1丁が5厘、40円と計算できました 以下、これで計算しています 地区に、昔、豆腐をつく…

長門市三隅、かばの森と姫田の森で御幸神事

今日もよい天気でした ここは、長門市三隅市地区です 今日、この地区で、おみゆき・田頭御幸が行われました 「おみゆき」は、三隅八幡宮を出た後、かばの森「源範頼供養塔」と姫田の森「大内義隆姫供養祠」で、行われると聞いたので、写真を撮らせていただき…

スイカの網片づけ

昨日は、台風が去ったためか、秋の空でした 急に気温が下がり、今朝は、少し寒く感じます ヒメリンゴが、赤みを増してきました 還暦祝いに子供がくれたモモが、やっと実をつけました 普通のモモよりかなり収穫時期が遅く、実は、かたいですが、甘いです ミニ…

長州藩、忠蔵さんの農民日記24、大豆の代金

盆を過ぎました 果物の実り時期が、お盆を基準に、記されていることがあります ぶどうの熟れ具合を見てみました 巨峰は、1週間前から、食べられるようになりました あと、半分残っています 果皮は、貼りついた点着剤で、荒れています ここから、果皮がさけ…

長州藩、忠蔵さんの農民日記23、そうけ代(ところてんの汁訂正)

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、「そうけ」のことです そうけとめごの代金を、米で払っています そこから、米の値段を計算してみました 以前、ところてんの「その汁」代と呼んだのは、「そうけ」の間違いでした 字がよく似ていま…

なだらの親を更新

稲の間に、ぽつりぽつりヒエが出ました あとから芽が出たヒエが、今頃になって穂が出始めたのです 自家製ヒエ取りがまで、とりました 短い方は、根が切れないし、杖にもならないので、失敗作です めがねは、イネの葉先で目をつかないために、必要です ヒエの…

田にイノシシが侵入

ついに、田にイノシシが、侵入しました 畔をほじくっています ミミズを掘ったのでしょう 幸い、いねの中には、入っていませんでした イノシシの足跡は、鹿に似ているそうですが、鹿は、けづめの跡がつかないので、区別できるようです 鹿は、ミミズを食べるこ…

絵に描いたような青空

暑い日が続きます 今日は、朝の内に、デラウェアのまわりの草取りをしました 植木鉢で、コガネムシの被害にあったので、ここに植え変えました まだ、よわよわしいです 実もわずかです つまみながら、草取りをしました 来年は、もう少し元気になってくれるか…

長州藩、忠蔵さんの農民日記22、お茶と小豆の代金

東日本は、台風の雨だとか 山口県は、ずっと晴れ、これからも暑い日が続きそうです 畑の里芋と小豆が、水不足で、困っています 田んぼの隅の里芋は、水漏れがあり、よく育っています 今、襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、お茶と小…

長州藩、忠蔵さんの農民日記21、こんにゃくの代金

きのうは立秋、今日は秋の空で、飛行機雲が何本かできていました 夕方は、機体も見えました 多分、福岡着で、高度を下げたのでしょう 風も涼しくなり、日陰に入ると、とても気持ちよく、日向に出たくなくなります マンゲツモチが、ようやく開花しはじめまし…

長州藩、忠蔵さんの農民日記20、忠蔵さんの子は、13歳(数え)で元服

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、元服(げんぷく)のことです 三太郎という人の子供が、元服をしたので、お祝いに、3分遣っています 忠蔵さんの父が、88歳になったので、米寿のお祝いをしています 子、百合吉の元服を併せてし…

今年も害鳥との戦いが始まった

7月下旬、コシヒカリが開花し、8月に入り、順調に実り始めたところですが・・・ 数羽のカワラヒワが、やってきました 例年、ほぼ8月1日前後です 米の袋の中に、今、汁状態のでんぷんが、溜まり始めています 鳥に味が分かるか知りませんが、この白い汁は…

長州藩、忠蔵さんの農民日記19、手かご、めご、苗めごの代金

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を、整理しています 今日は、手かご、めご、苗めごの代金です どの竹細工も、一人の職人から買っているようです 最近は、プラスチック製品がほとんどですが、竹製品は、けっこう長持ちしていたように思います 以下、これま…

オトギリソウとサワオトギリ

農道を歩いていると、オトギリソウとサワオトギリがありました 比較、整理してみました 台風が、複雑な動きを続けています 昨日の朝の空は、とても台風があるとは思えない空でした 今年は、春から、いつもと違ったのか、初めてナシが実を大きくしました いつ…

台風が通り過ぎて、朝の内、秋の風が

台風が、複雑なコースで、通り過ぎました 朝の内は、秋の風でした 風が涼しく、瑞風を待っているとき、農道で、秋の写真をとりました 1 アキカラマツ 2 ヤブラン 3 ダイコンソウ 4 ミツバ 5 アメリカヤマゴボウ 6 オニドコロ 7 アキグミ アキグミの実…

長州藩、忠蔵さんの農民日記18、たばこの代金

今日は、台風が、中国地方の南を、西に通り過ぎました いつもは、台風が通り過ぎたあとも、強い風が吹き込むのに、今日は、たいしたことはありませんでした 不思議 雨の中、30分遅れで、特別列車が、通りました 今、襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整…

墓地の垣根の剪定、垣根をやめて立ち木に

台風が、西に進んでいます コシヒカリは、今、開花最盛期で、心配です 今日は、地区墓地前の、イヌマキの垣根を剪定し、周辺の草刈りをしました 垣根の形を整えるのは、けっこうたいへんです 年をとると、続けられないなと思い、この際、立ち木にすることに…

長州藩、忠蔵さんの農民日記17、ねば(真綿)の代金

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、「ねば」の代金です 「ねば」は、長門、あるいは山口地方の方言のようです せみを取るとき、ジョロウグモやオニグモの巣を使って、貼り付けました とりもちを作って、鳥をとろうとしました 壁土や…

川の残り水を目いっぱい確保

今日も暑く、山口市で38度 コシヒカリが開花しました 今年は、いつもの年より、よくそろっています 川の水がかなり減ってきました この水を、目いっぱい確保しました 下流には、上流からの水路の水が、再び出てくるので、ここで全部取っても、問題ありませ…

取水場所の補強

今日も暑く、山口市では、38.8度の最高気温だったとか 長門市では、32度前後で、涼しい方だったようです 水は、冷たく感じるのか調べてみました 水道水は、26度 井戸水は、17度 30分ぐらい出していると、もっと冷たくなります 山水の出口のおけ…

長州藩、忠蔵さんの農民日記16、柿、椎茸、かぶの代金

雨が降らないので、畑がかたくなり、スイカが日焼けしそうなので、刈った草をかけました 襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、柿、椎茸、かぶの代金です 8月に「柿」、旧暦にしても少し時期が早いです 未熟な実から、しぶを取ったよ…

山水のパイプの掃除

スイカ畑にクモが巣をかけていました それに、カメムシがかかっていました このカメムシ、ソーメンウリとスイカの苗を枯らした犯人です 上には上がいる サクランボには、イラガがついていました 腕に痛みを感じたので分かりましたが、この毛虫は要注意です …

長州藩忠蔵さんの農民日記15、やまといもの代金

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、やまといも、ヤマイモの代金です 村の集会会食に招かれた、有吉様が、精進のために、やまといも、ヤマイモを用意されたようです ヤマイモは、普通、山に自生しています 長州では、薯蕷(しょよ)…

屏風の中から平家物語が

台風が、日本の西を進んでいるせいでしょうか 昨日まであった積乱雲が、秋の雲に変わったようです 襖の江戸時代日記を整理しているところですが、屏風にも古文書があるので、これからの予定のために、何が入っているのか、確認してみました この屏風にかかれ…

長州藩、忠蔵さんの農民日記14、唐芋(サツマイモ)の種芋の代金

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、サツマイモのことです 忠蔵さんは、サツマイモを栽培し、種イモとして売っていたようです 長門近辺のイモ栽培の様子を、注進案でみてみます 長門では、サツマイモは、唐芋と呼ばれていたようです …

長州藩、忠蔵さんの農民日記13、サトイモの代金

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、サトイモの代金です サトイモは、横に芋がつくので、コイモと呼んでいます 忠蔵さんは、サトイモを種として近くに売っていたようです 種芋1分というのは、忠蔵さんが、売るために分けた1山のこ…

山水と井戸水は、田舎ぐらしにありがたい

今日も、暑い一日でした 先日の「ところてん」を思い出して、今日は、ところてんをいただきました 我が家には、山水と井戸水があり、花や野菜の水やりに助かっています 夏日が続き、畑は、からからになっています せっかくなったスイカも、これでは太れませ…

長州藩、忠蔵さんの農民日記12、こんぶ代、しび代

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今日は、「こんぶ」と「しび」の代金です 「鮪」という字は、「まぐろ」とも「しび」とも読むようです 今日も、よい天気でした 草刈りは、油1回分、1時間で終了です 除草剤が効かなかったところに、イヌ…

土用干しを済ませて

よすぎる天気、暑い日が続いています 畔には、アキノタムラソウが咲いています 田にひびができたので、土用干しをやめて、水をあてることにしました 川の中は、先日の豪雨がうそのように穏やかです 壁の上の方で、流されなかった、ナデシコが、なにもなかっ…

長州藩、忠蔵さんの農民日記11、いわし代

襖に貼ってあった、江戸時代の日記を整理しています 今回は、いわしの代金です 心遣いとして、魚を届けています 郎、原などの字は、忠蔵さんの字の特徴から、区別できるようになりました 「いわし」といえば、長門地方では、「タレクチ」という「いわし」を…